WEBニッポン消費者新聞 
 WEBニッポン消費者新聞 

TOP新聞購読の申し込みサイトマップ情報募集 |

TOPPhoto news


2007年
Photo News


減少しないレジ袋使用


製品事故で国際連携


展示会商法で提訴



折りたたみ自転車事故


インターネット被害防止


  


 Photo News 

2012年
3月

電力料金・原発問題は「不良債権処理問題」=金子教授
 日本消費者団体連絡会と主婦連合会は3月8日、電力料金値上げと原発再稼働問題を考える学習会を都内で開催した。講師の金子勝・慶応大学経済学部教授は主に経済面からこの問題を分析。「原発再稼働問題はエネルギー問題ではなく、電力会社の経営問題だ」とし、その背景として安全を担保できない原発が不良債権化していることを理由に挙げた。〔以下続く〕 (写真=3月8日午後、東京・主婦会館プラザエフで)

詳細記事は「G-Searchデータベースサービス」で購読できます


ヘアカラーリングアワード、T−ARAとくみっきー受賞
 ヘアカラーリングが最も似合う有名人を表彰する「ヘアカラーリングアワード2012」が3月6日、両国国技館で実施され、アーティスト部門に7人組の韓国ガールズグループT−ARA、モデル部門に“くみっきー”こと舟山久美子(右)さんが選ばれた。ホーユーが主催する日本最大級のヘアファッションイベント「スプラッシュインターナショナル2012」の中で表彰式が行われ、T―ARAからはソヨンさん(左)とキュリさん(中央)が出席した。〔以下続く〕 (写真=3月6日午後、東京・両国国技館で)

詳細記事は「G-Searchデータベースサービス」で購読できます


1月

日本生協連、“脱原発依存”を明確化 国への働きかけ推進
 日本生活協同組合連合会(浅田克己会長)は1月17日、原子力発電に頼らないエネルギー政策への転換を柱とする報告書をまとめ、理事会で決定したと発表した。“脱原発依存”の姿勢を明確化する。理事会後の記者会見で、芳賀唯史専務理事は「全国の生協の総意として、明日から内閣総理大臣、原子力委員会、経済産業省への意見書提出などアクションに移して行きたい」と強調した。〔以下続く〕 (写真=1月18日午後、東京・千代田区の都市センターホテル内で)

詳細記事は「G-Searchデータベースサービス」で購読できます


2012年は「国際協同組合年」 キックオフイベント開催
 国際連合が2012年を「国際協同組合年」と定めたことを受け、東京・渋谷区でキックオフイベント「協同組合がよりよい社会を築きます」フォーラムが1月13日、開催された。生活協同組合や農業協同組合など関係者約300人が参加、協同組合の役割や今後の活動方針などが議論された。今回のイベント開催に当たっては、パン・ギムン国連事務総長がメッセージを寄せ、昨年の東日本大震災における組合員の復興支援への貢献について触れるとともに、日本での協同組合の社会的認知度向上に期待感を示した。〔以下続く〕 (写真=1月13日午後、東京・渋谷の国連大学内で)

詳細記事は「G-Searchデータベースサービス」で購読できます


2011年
10月

10月18日は「冷凍食品の日」 シニア世代にPRイベント開催
 「冷凍食品の日」にあたる10月18日、シニア世代に冷凍食品の活用を呼びかけるイベントが都内で開催された。主催者挨拶にたった社団法人・日本冷凍食品協会の浦野光人会長は冷凍食品の衛生面、安全面、栄養面での優れた特性をアピール。トークセッションでは俳優の渡辺裕之さん・原日出子さん夫婦が冷凍食品にまつわるエピソードなどを披露した。招待された一般消費者約200人は冷凍食品を使った試食会パーティーで17種類の料理を堪能した。〔以下続く〕 (写真=10月18日午後、東京都内で 左から日本冷凍食品協会浦野光人会長、女優の原日出子さん、俳優の渡辺裕之さん)

詳細記事は「G-Searchデータベースサービス」で購読できます


冷凍食品の特長を紹介 農水省「消費者の部屋」で特別展示
 日本冷凍食品協会は10月4日〜7日まで、農林水産省「消費者の部屋」で冷凍食品の特長を紹介する特別展示「意外とスゴイ、冷凍食品」を開催している。衛生面や栄養価、おいしさ、安全管理などのポイントをパネルで展示。また、ファミリーレストランや居酒屋など外食産業でも冷凍食品が幅広く利用されていることを紹介し、食生活に深く浸透している様子を消費者にアピールした。10月18日の「冷凍食品の日」には消費者向けのPRイベントも開催する。〔以下続く〕 (写真=10月6日午後、農林水産省「消費者の部屋」で 試食コーナーには多くの人が列をなした)

詳細記事は「G-Searchデータベースサービス」で購読できます


7月

東京都と消費者団体が“ざっくばらん”な意見交換会 「消費者行政」テーマに
 東京都と都内の消費者団体がざっくばらんにトークする意見交換会が7月8日、東京都生協連会館(中野区)で開催された。消費生活部の小笠原広樹部長が2011年度予算や震災時の対応、都消費生活基本計画の新たな取り組みなどについて説明。それに対し参加者から若者・高齢者への消費者教育の充実や広告表示の監視強化など幅広い要望や意見が出された。意見交換会は東京消費者団体連絡センターと東京都生協連消費者行政連絡会が主催し、今回で3回目の開催となる。〔以下続く〕 (写真=7月8日午前、東京・中野区内で)

詳細記事は「G-Searchデータベースサービス」で購読できます


6月

日本生協連、新会長に浅田克己氏
 日本生活協同組合連合会(日本生協連)は6月17日、任期満了にともなう役員改選を行い、新役員体制を発表した。新会長には日本生協連副会長でコープこうべ組合長の浅田克己氏が昇格し、副会長にはちばコープ理事長の田井修司氏が就任した。山下俊史会長は顧問となった。〔以下続く〕 (写真=6月17日午後、東京国際フォーラム内で 理事会後に記者会見する浅田新会長)

詳細記事は「G-Searchデータベースサービス」で購読できます


2010年度アルミ缶リサイクル率92.6% 高水準を維持
 アルミ缶リサイクル協会は6月16日、2010年度の飲料用アルミ缶リサイクル率が92.6%となり、自主行動計画で目標とした「90%以上維持」を達成したと発表した。史上最高となった09年度の93・4%と比べ1ポイントほど低下となったが、ここ数年の平均ではほぼ90%となっている。今後も消費者や自治体に働きかけ集団回収への取り組みを促していく方針だ。〔以下続く〕 (写真=6月16日午後、東京千代田区内で)

詳細記事は「G-Searchデータベースサービス」で購読できます


>>2009年のPhoto News
>>2008年のPhoto News
>>2007年のPhoto News
>>2006年のPhoto News
>>2005年のPhoto News


会社概要お問い合わせ著作権・リンク
WEBニッポン消費者新聞に掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。
Copyright (C) 2004 Japan Consumer Press. All Rights Reserved.
定期的にお届け「年間購読」読みたい号だけ「1部購読」読みたい記事だけ「メール購読」