WEBニッポン消費者新聞 
WEBニッポン消費者新聞 

TOP新聞購読の申し込みサイトマップ情報募集 |

TOP企業トピックス

東芝コンシューママーケティング
 
 →ホームページ


 


東芝、白物家電事業体制を強化=クリーナー事業を移管・統合

 東芝コンシューママーケティングは1月18日、東芝テックが行っているクリーナやミキサー商品の開発・製造事業を東芝コンシューママーケティングの製造グループ会社である東芝家電製造に統合し、事業体制を強化すると発表した。
 
 東芝コンシューママーケティングは東芝の白物家電商品の企画、開発、製造、販売を行っている。一方、東芝テックは家電事業としてクリーナー、ジューサー、ミキサーの開発・製造を行っているほか、流通情報システム事業、画像情報通信事業を手がけている。

 東芝テックのクリーナー関連事業を、東芝コンシューママーケティングのグループ会社であり、冷蔵庫、洗濯機、IHクッキングヒーターなどの家電製品の開発、製造を行う東芝家電製造に移管・統合することにより、クリーナー、ジューサー、ミキサーの開発、製造、企画、販売にいたる全プロセスにおいて、意思決定の迅速化と事業構造の効率化を図っていく。

 これらの商品事業における商品企画力のさらなる強化、市場への迅速な対応が可能になる上、他の商品との製品、部材、金型の共同調達、技術力のトランスファー、製造における相乗効果も期待できるという。

 同社と東芝テックはこれまで、クリーナーを主体とする家電事業において、開発・製造を連携して展開してきたが、それぞれの得意分野への集中により、競争力を高めることができるとの認識で一致し、事業統合について合意した。

 今後、条件面などを詰めた上で今年6月1日付けにて事業譲渡を行う予定。

(2007年1月18日発信)

関連サイト
 
東芝コンシューママーケティングホームページ

>>上へ



会社概要お問い合わせ著作権・リンク
WEBニッポン消費者新聞に掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。
Copyright (C) 2004 Japan Consumer Press. All Rights Reserved.