WEBニッポン消費者新聞 
WEBニッポン消費者新聞 

TOP新聞購読の申し込みサイトマップ情報募集 |

TOPバックナンバー一覧07年5月1日号


ニッポン消費者新聞
バックナンバー一覧表
年間購読申し込み
バックナンバー購読

2007年04月15日号
2007年04月01日号
2007年03月15日号
2007年03月01日号
2007年02月15日号
2007年02月01日号
2007年01月01日号

2006年12月01日号
2006年11月15日号
2006年11月01日号
2006年10月15日号
2006年08月01日号
2006年07月15日号
2006年07月01日号
2006年06月15日号
2006年06月01日号
2006年05月15日号
2006年05月01日号
2006年04月15日号
2006年04月01日号
2006年03月15日号
2006年03月01日号
2006年02月15日号
2006年02月01日号
2006年01月01日号

2005年12月15日号
2005年12月01日号
2005年11月15日号
2005年11月01日号
2005年10月15日号
2005年10月01日号
2005年09月15日号
2005年09月01日号
2005年08月01日号
2005年07月15日号
2005年07月01日号
2005年06月15日号
2005年06月01日号
2005年05月15日号
2005年05月01日号
2005年04月15日号
2005年04月01日号
2005年03月15日号
2005年03月01日号
2005年02月15日号
2005年02月01日号
2005年01月01日号
 
2007年5月1日消費者月間特集号 〜総力44ページ〜
ニッポン消費者新聞5月1日消費者月間特集号ニッポン消費者新聞5月1日消費者月間特集号ニッポン消費者新聞5月1日消費者月間特集号ニッポン消費者新聞5月1日消費者月間特集号

1部からでもご購入いただけます!
5月1日号の1部ご購入はこちら!
年間購読はこちら!

◆消費者月間特集号・行政・市民団体の施策紹介


2007年消費者行政方針=被害防止策を推進

消費者団体訴訟制度導入、周知徹底
内閣府消費者企画課・井内正敏課長

「消費者月間事業」全国展開―内閣府消費者調整課・小川和夫室長

中立公正な食品リスク評価を推進―食品安全委員会・永田明リスクコミュニケーション官

不当表示を監視、景表法厳正運用―公取委消費者取引課・粕渕功課長

悪質商法排除へ「法執行ネット」構築―経産省消費経済政策課・安井正也課長

改正「消安法」施行―経産省製品安全課・渡邊宏課長

増毛・育毛サービス、ガイドライン適正運用に期待―経産省サービス産業課・藤野真司課長

有害サイトアクセス制限サービスの普及を促進―総務省消費者行政課・古市裕久課長

ポジティブリスト農薬基準を検討―厚生労働省基準審査課・松田勉課長

厳格な輸入時検査でBSEを水際予防―厚労省監視安全課・加地祥文課長

食品表示の特別調査を実施―農水省表示・規格課・新井ゆたか課長

有機農業確立めざし「有機農業推進法」制定―農水省農産振興課・竹森三治課長

「食品媒介有害微生物」をリスク管理―農水省消費・安全政策課・山田友希子課長

食の安全、消費者の信頼確保に万全期す―農水省動物衛生課・姫田尚課長

ネット上の有害情報への対策強化―総務省消費者行政課・古市裕久課長

不具合情報の収集強化にPR活動―国交省リコール対策室・小宮山幸和室長

瑕疵担保責任履行確保に法案を提出―国交省住宅生産課・坂本努課長

循環型社会を実現へ 成果を世界へ発信―環境省リサイクル推進室・西村淳室長

低炭素社会を視野に国民運動―環境省地球温暖化対策課・吉野議章室長

消費者保護対策さらに強化―警察庁生活経済対策室・齊藤寛室長

苦情相談事例、各省庁と情報共有化へ―国セン企画調整課・坂田進課長

高齢者の消費生活被害防止へ全力投入―東京都・鈴木省五センター長

悪質業者の厳正処分を推進―大阪府消費生活センター・小谷良信所長

市町の相談窓口を支援―神戸生活創造センター・中井安喜夫所長

製品事故の原因究明に迅速対応―兵庫県立生活科学研究所・福冨廣所長


市民・消費者団体が新方針表明

いのちのつながり、次世代へ―日本消費者連盟・富山洋子代表運営委員

架け橋めざすACAP研究所開設へ―消費者関連専門家会議・蔵本一也理事長

8割が消費者被害を経験、アンケートで判明―北海道生協連・大嶋明子主任相談員

「消費生活大学院」10講座を開講―青森県消費者協会・竹島勝昭会長

不当規定の是正求める―消費者機構日本・品川尚志理事長

メルマガ「見守り新鮮情報」配信―全国消費生活相談員協会・山上紀美子専務理事

不当な契約・表示のチェックリスト作成―埼玉消費者被害をなくす会―橋場幸代事務局長

被害救済に役立つ組織作りめざす―あいち消費者被害防止ネット・杉浦市郎代表

不当な契約条項の是正を申し入れ―消費者支援機構関西・西島秀向事務局長

銀行の手数料収入に疑義浮上―
消費者ネット関西・黒木理恵常務理事

消費者被害のテーマ、深く掘り下げ問題提起―ひょうご消費者ネット・鈴木惠子理事

“GM締め出し条例”作りを働きかけ―北海道消費者協会・辻冨美子会長

問題業者に活発な申し入れ活動展開―京都消費者契約ネット・長野浩三理事

「天然」うたった食品表示を問題視―北海道消費者連盟・佐藤雄三事務局長

市民風車10基目を茨城県に建設予定―北海道グリーンファンド・杉山さかえ理事長

疲弊する生活の実態を調査へ―岩手県消費者団体連絡協議会・伊藤慶子事務局長

バリアフリーのまち創り始めて10年経過―秋田バリアフリーネット・佐々木孝理事長

古紙循環システムの構築めざす―古紙問題市民行動ネットワーク・中村正子代表

社会的責任行為として水田トラスト運動を展開―山形・新庄水田トラスト・阿部文子氏

機関紙で食・健康テーマに情報発信―食政策センター・ビジョン21・安田節子代表

週末相談を自己資金で実施―神奈川県消費者の会連絡会・今井澄江代表理事

グリーン購入運動を推進―三重県消費者杉の会・太田琳美会長

急がれる地球温暖化対策―CASA・早川光俊専務理事

「小さな農ある生活」と「天職」の関係を追及―半農半X研究所・塩見直紀代表


“環境にやさしい消費者”増やす運動―アースの会・宮良弘子氏


GMナタネの自生拡大を懸念―中部よつ葉会・村上喜久子氏


「国際オゾン年」機に対策強化訴える―ストップ・フロン全国連絡会


  
(*以上、消費者行政、消費者・市民団体の新施策の詳細については1月1日号をご購読ください)→購読する

◆新年号特集企画


サンキスト
違反レモン110万個、防カビ剤イマザリル基準超え残留=検査結果疑い対応に遅れ


恒例!本紙記者座談会
企業不祥事どう改善/健康食品/防止できるか製品事故/救済遅れるエステ被害…


特集企画1
消費者団体「事故防止3点セット」要求=社告改善・規格化を提案


特集企画2
温暖化深刻化、自治体対応にばらつき=各市町村のルール作り急務


特集企画3
高額被害にどう対応、過剰与信の防止=審議大詰め「割販法改正で是正」


特集企画4
温暖化、消費者の危機意識くっきり=<国際消費者機構>英・米で調査し中間報告


特集企画5
速報・2006年度消費生活相談件数=2年連続で減少も高齢者被害や利殖商法増加

◆海外ニュース

<香港>スルメからヒ素検出=基準超えも多数発見、皮膚・肝臓疾患の恐れも

グリーンピース、白熱電球踏み潰し温暖化防止訴え=エネルギー浪費の代表的商品

<米国>鳥インフルエンザワクチンを承認=FDA「世界中の人を保護できる」

<米国>米消費者製品安全委の新委員長に不満噴出=消費者団体「不適格人事だ」

<米国>栄養の取りすぎ現代っ子=学校でのカロリー摂取規制へ

<英国>10人に1人が整形手術を希望=パートナーの用紙に不満多数
◆消費者ニュース


<悪質キャッチ訪問販売業者>3社に業務停止命令=東京都が一斉処分

有害ホルムアルデヒド、自然塗料からも発生業界団体に表示改善を要望

山梨のエステサロン業者、「無料体験」誘い出し強引勧誘=県が処分

国交省、処分歴を一覧できるサイト開設へ=10月から運用

携帯パケット通信料でトラブル増加=予想以上の高額請求、120万円のケースも

◆その他のニュース


薬事法違反の光脱毛機、エステ業界が使用中止へ

国民生活センター業務見直し、ADR機能の充実・強化へ=法改正視野に検討

兵庫県、結婚相手紹介サービス業者を処分=解約トラブル増加

車の異常を「連ラクダ」=国交省、不具合情報の収集を強化

レジ袋「いつももらう」51%=東京都が世論調査

個人情報を掲載した携帯メール=高額なサイト利用料を請求


<東芝>清潔さを向上した食器乾燥器=ホーロー製トレイを業界で初採用

<テトラパック>「大切なものマーク」、野球場に登場

<アムウェイ>ゴミ拾いで楽しく環境学習


>>上へ


会社概要お問い合わせ著作権・リンク
WEBニッポン消費者新聞に掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。
Copyright (C) 2004 Japan Consumer Press. All Rights Reserved.
定期的にお届け「年間購読」読みたい号だけ「1部購読」読みたい記事だけ「メール購読」