WEBニッポン消費者新聞 
WEBニッポン消費者新聞 

TOP新聞購読の申し込みサイトマップ情報募集 |

TOPバックナンバー一覧04年3月15日号

ここでは最新号の紙面の中から、ほんの一部だけをご紹介しております。詳細な内容をご希望の方はぜひご購読を! 

あなたに合ったご購読方法をご用意しました。

「毎号定期的に読みたい」
>年間購読がおすすめ

「あの記事の新聞がほしい」

>一部購読がおすすめ

ニッポン消費者新聞
バックナンバー一覧表
年間購読申し込み
バックナンバー購読

2005年06月15日号

2005年06月01日号
2005年05月15日号
2005年05月01日号
2005年04月15日号
2005年04月01日号
2005年03月15日号
2005年03月01日号
2005年02月15日号
2005年02月01日号
2005年01月01日号


2004年12月15日号
2004年12月01日号
2004年11月15日号
2004年11月01日号
2004年10月15日号
2004年10月01日号
2004年09月15日号
2004年09月01日号
2004年08月01日号
2004年07月15日号
2004年07月01日号
2004年06月15日号
2004年06月01日号
2004年05月15日号
2004年05月01日号
2004年04月15日号
2004年04月01日号
2004年03月15日号
2004年03月01日号
2004年02月15日号
2004年02月01日号
2004年01月01日号
  
2004年3月15日号ダイジェスト
消費者基本法、国会へ=「消費者の権利」盛り込むも「まだ不十分」の声
 

 「消費者の権利」を盛り込んだ「消費者基本法」与党案が国会に提出された。同案は、今後の政策の枠組みを決定する重大な内容を含んでおり、消費者団体の関心も高い。消費者の責務規定を盛り込むなど反対の強かった自民党案が修正され、公明党の意向が反映されている。消費者団体は「当初より改善されたとはいえ、まだ不十分性は残る」とし、今後の国会審議での意見反映を図る予定だ。

ベビー用品大手「コンビ」、製品改修に遅れ=自主検査でも危険性見過ごす
  ベビー用品大手メーカー・コンビ(本社・東京都台東区)は3月4日、同社人気の乳幼児用ベビーラックに、 側面部破損の可能性がある機種が販売されていることがわかったとして部品を無償修理すると発表した。同社は、市販前の自主検査で加重強度に異常がないと判断していることから、消費者団体は同社の品質管理体制のずさんさを指摘している。
<回収の裏側>NTTドコモ「FOMA F900@」、メール受信できず
   NTTドコモの第三世代携帯電話「FOMA F900@」にメールの自動受信ができないソフトウエア上のバグが(不具合・欠陥)が発生、同社は3月3日、当該機種を一時販売停止にするとともに、利用者約6万8000人に対し、ダイレクトメールで遠隔ダウンロードによる不具合会回避策を通知した。すでにソフト更新がすみ、修正が施された当該機種の再販売も開始されているが、消費者団体はバグという名のもとに利用者が受ける負担の重さを事業者はもっと考えるべきと指摘している。
<消費者の目>食品表示、相次ぎ改正へ=賞味期限にガイドライン
  アレルギー成分表示や賞味期限表示、栄養機能表示など、食品の表示改正をめぐる検討が相次いでいる。いずれもここ1〜2年、改正の必要性が取りざたされてきた。アレルギー成分表示では食物アレルギーの子ども達の増加が背景にあり、賞味期限表示は昨年12月に発覚した京都「古卵販売事件」の教訓として提起されている。だが予定される表示は本当に消費者の視点に沿っているのか、改正の方向性を追う。
<コンシューマーワイド>健康食品の不当表示、市民団体が質問状
  食品安全委員会の事業を監視しながら、市民・消費者の立場から安全性を確保する取組を展開する「食の安全・監視市民委員会」(代表・神山美智子弁護士)が4月で発足1周年を迎える。同市民委員会の取組みの中でも特に注目されているのが、健康食品への監視活動だ。健康増進法や景表法などで禁止されているはずの表示が依然として横行している問題で、同市民委員会は雑誌掲載表示への改善運動に着手。その結果、ほとんどのマスコミが改善を表明するにいたったという。
マルチ・悪質訪販を規制、特商法改正案国会提出
  点検商法やキャッチ・アポイントメント商法、マルチ商法などの規制強化やクーリング・オフに関する民事ルール導入などを盛り込んだ特定商取引法改正案が3月9日、国会に提出された。重要事項を故意に告げない行為を罰則をもって禁止する措置も盛り込まれている。
液晶・プラズマテレビ、「消費電力量」など課題相次ぐ=国センが改善要望
  プラズマテレビは通常のブラウン管テレビの1・6倍の消費電力量となり、省エネルギーをうたう液晶テレビもブラウン管テレビと同じ消費電力量だった――国民生活センターが実施した薄型カラーテレビを対象としたテスト結果は大きな話題を呼んでいる。同センターは、消費電力量と映像性能などの点で「液晶」「プラズマ」も改良が必要として業界団体に改善点を提案した。
家庭用レーザー脱毛機、安全性に疑問=火傷や失明の恐れ
  東京都は3月12日、家庭用レーザー脱毛機の安全性について、取り扱い方法によっては火傷や失明の恐れがあり、消費者への周知も不十分だとして、危害発生防止にむけた取り組みを始めた。

好評連載企画

警鐘21:安全と危険の狭間で(No.353)
溶け出すカップ容器
しそ油添加すると化学反応/底に穴、熱湯漏れ出す恐れ
ここが知りたい!くらしの疑問(No7)
新品のタオル
吸水性が悪いのはどうして?
消費者問題はいま=提言2004=(No.302)
土田和博氏(早稲田大学法学部教授)
独占禁止法
公益事業などの新規参入妨害を規制する改正を/私的独占や不公正取引の違反の明確化を提案
商品テスト
「デジカメプリント」汚染や悪臭の恐れ(日本消費者協会)
「防虫剤」プラスチック変形(埼玉県生活科学センター)

>>上へ


会社概要お問い合わせ著作権・リンク
WEBニッポン消費者新聞に掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。
Copyright (C) 2004 Japan Consumer Press. All Rights Reserved.