WEBニッポン消費者新聞 
 WEBニッポン消費者新聞 

TOP新聞購読の申し込みサイトマップ情報募集 |

TOP危ない商品一覧





 危ない商品―安全と危険の狭間で

『危ない商品』は本紙の大好評シリーズ「警鐘21〜安全と危険の挟間で〜」をホームページ用にまとめたものです。「自主回収等はされていないけれども、安全とも言いがたい商品」「現在危険性が叫ばれている商品」「使い方によっては危険性がある商品」などに焦点をあて、消費者にその危険性について警鐘を鳴らすというコーナーです。

 一覧
2009年  
■11月01日号老朽化した消火器・使用時に破裂し顔面を直撃
・死亡事故も発生、腐食に注意
■10月01日号家庭用オゾン発生器・高濃度オゾンで被害の恐れ
・「のどが痛い」など苦情67件
■09月01日号ストロー付きボトルキャップ・ストローに大量のカビ発生
・“洗って何度も使用”に落とし穴
■08月01日号傘ホルダー・傘が車輪に巻き込まれ事故
・1点留め式「使用しないで」
■07月01日号自転車の荷台・走行中に幼児座席が脱落
・体重制限「知らない」が9割
■06月01日号歩行補助車・高齢者の転倒事故相次ぐ
・溝や段差には十分注意を
■04月15日号牛ひき肉・15商品中8商品に豚肉混入
・アレルギーの注意表示なし
■04月01日号子ども用トレーナー・プリント部分から有害物質
・洗濯しても落ちないものも
■03月15日号電気カーペット・防水製品が水濡れで発火
・操作部分は防水機能なし
■03月01日号テーブルタップ・たこ足配線で火災相次ぐ
・コード“束ねて使用”も厳禁
■02月15日号電気アイロン・幼児のやけど事故相次ぐ
・使用後も100分以上高温に
■02月01日号湯たんぽ・低温やけどの苦情相次ぐ
・付属カバーも事故防げず
2008年  
■12月01日号木製ベッド・指針超すホルムアルデヒド
・頭痛や吐き気、相次ぐ危害
■11月15日号メッシュ状アイロン台・高温のスチーム通り抜け
・太もものやけど事故7件
■11月01日号つけづめ・やけど・かぶれの被害多発
・衛生管理怠るとカビ発生
■10月15日号ロフトベッド・就寝中に男児が2度転落
・柵の高さ、基準満たさず
■10月01日号いろり座卓・一酸化炭素中毒で入院
・密室で短時間に致死濃度
■09月01日号カラーコンタクト・角膜潰瘍など被害相次ぐ
・医療機器に指定し規制へ

■08月01日号

おもちゃの花火・やけどや失明事故相次ぐ
・被害者の6割が10歳未満
■07月15日号イヤホン・電車と接触し男性が死亡
・周囲への注意力も散漫に
■07月01日号消火用布・テスト品すべてが再び発火
・やけどなど二次災害の恐れ
■06月15日号家庭用冷蔵庫・野菜室などで細菌が繁殖
・水拭きのみは700倍に増加

■06月01日号

オーブン用陶芸粘土・トースターで焼き火災発生
・灰皿・アロマ皿の制作厳禁
■05月15日号折りたたみジャンプ傘・傘の柄が顔面直撃し後遺症
・収納時に多発、5件の事故
■04月15日号レーザー光線銃・違法玩具が夜店などで流通
・失明のおそれ、事故7件発生
■04月01日号後部座席シートベルト・ロックがかかり窒息のおそれ
・固定機能付きで事故相次ぐ
■03月15日号ガステーブルのグリル・長時間調理で油かすに引火
・国セン「こまめに手入れを」
■03月01日号まつ毛エクステ・角膜炎や充血トラブル急増
・技術水準低い店舗“野放し”
■02月15日号豆炭こたつ・死亡事故や家屋全焼相次ぐ
・断熱材劣化、定期点検必要
■02月01日号生のにごり酒・栓が飛んで直撃、鼻骨折も
・発泡ワイン並みの衝撃力
2007年  
■12月15日号ガリレオ温度計・割れて子どもが化学やけど
・無害・安全うたう製品流通
■12月01日号リモコン付き電気ストーブ・テレビのリモコンで誤作動
・経産省「電源プラグ抜いて」
■11月15日号マッサージオイル・乾燥機内でタオル自然発火
・都内のエステ店で27件発生
■11月01日号折りたたみパイプいす・可動部で指を切断する事故
・10年で10件、半数が子ども
■10月15日号電動式ルームランナー・小学生が腕を巻き込まれ重傷
・カバーの無い商品が出回る
■10月01日号浴槽用浮き輪・注意喚起後も事故報告8件
・転覆の恐れ「使用控えて」
■09月15日号レンジ用ゆで卵調理器・破裂し電子レンジ破損13件
・加熱後の卵の爆発に注意
■09月01日号発光玩具ケミカルライト・チューブ破損し液体が目に
・誤飲など子どもの被害続発
■08月01日号調理器具スライサー・けがが続発、指切断事故も
・潜む危険性「包丁と同等」
■07月15日号自然塗料・有害ホルムアルデヒド発生
・塗ってしばらく換気が必要
■07月01日号ガラス製ティーポット・使用中に割れてやけどやケガ
・耐熱性の低い安価品が流通
■06月15日号カップ型ろうそく・アロマポット炎上の恐れ
・“液面燃焼”による火災注意
■06月01日号スチーム式吸入器・3歳女児が顔面やけど
・使用中に傾けると熱湯噴出
■05月15日号踏み台・転倒し19件の骨折事故
・折りたたみ式で指切断
■04月15日号オーブントースター・魚の加熱で出火し炎上
・パンくずや油で底に穴
■04月01日号子ども用衣類・足や首のひもで転倒・窒息
・8割が事故経験、対策急務
■03月15日号豆乳・湯飲みから噴出し顔面やけど
・電子レンジでの加熱に注意
■03月01日号レンジ加熱式湯たんぽ・内容物飛散しやけど続発
・過剰な加熱で容器が破裂
■02月15日号カテキン健康食品・海外で重い肝障害の疑い
・痩身目的での過剰摂取に注意
■02月01日号キャンディータイプのチーズ・保育園で男児が窒息事故
・過去にも同タイプで発生
2006年  
■12月15日号ガラス製鍋ぶた・突然爆発する事故相次ぐ
・キズや“過熱・急冷”に注意
■12月01日号こんにゃく入りゼリー・のど詰まらせる事故続発
・幼児・高齢者に死亡事例
■11月15日号エアゾールスプレー缶

・制汗消臭剤で両手が凍傷
・引火・爆発でやけど多発

■11月01日号サプリメントのシナモン・過剰摂取で肝障害の恐れ
・欧州で警告、日本でも流通
■10月15日号自転車用空気入れ・使用中に破損し親指切断
・2割の製品に初期不具合
■10月01日号幼児用水泳パンツ・陰茎がはさまる出血事故
・内側メッシュが凶器に
■09月15日号ブラックホコシュ・海外で肝障害事例相次ぐ
・薬局やネットで幅広く流通
■09月01日号タイヤ交換用ジャッキ・作業中に転落し死亡事故
・正しい使用法の周知急務
■08月01日号乳幼児用チェア・転落して骨折や頭部打撲
・安定性の低い製品出回る
■07月15日号子ども用張るかぜ薬・子どもが誤飲し発作事故
・類似製品の取り扱い注意
■07月01日号電動四輪車・高齢者の誤使用事故多発
・操作法の統一など対策急務
■06月15日号ヤンヒーダイエット・個人輸入される痩身薬
・健康被害が続発、死亡例も
■06月01日号低価格のピアス・使用者の6割が皮膚障害経験
・アレルギー原因金属を含有
■04月15日号防虫剤・室内を汚染、頭痛や吐き気
・使用量守り密閉容器で収納
■04月01日号ベビー服・基準超すホルムアルデヒド
・炎症の恐れ、着用前に洗濯を
■03月15日号金属製アクセサリー・子ども用製品に高濃度の鉛
・東京都「乳幼児の誤飲に注意」
■03月01日号やかん・鍋・取っ手がはずれやけど事故
・炎や高熱による劣化が原因
■02月15日号カラーコンタクトレンズ・装着後に眼が痛んで角膜炎
・色素溶出など品質に問題も
■02月01日号自動車のスライドドア・子どもが頭や手を挟む事故
・衝撃は一般のドアの2倍
2005年  
■12月15日号乳幼児用おもちゃ・誤飲してのどに詰まる恐れ
・木製玩具から有害物質放散
■12月01日号硫酸バリウム・消化管に穴開くなど副作用
・高齢者や過敏症患者は注意
■11月15日号ペットボトル加湿器・寝ている幼児がやけど事故
・安定性悪く熱湯流出の恐れ
■11月01日号ドーナツなど揚げ菓子・調理中に破裂しやけど事故
・砂糖・膨らし粉欠かすと発生
■10月15日号外国製白髪染め・酢酸鉛配合で発疹や腎障害
・国内で未承認、個人が輸入
■10月01日号マグロの刺し身・メチル水銀が胎児に悪影響
・妊婦は週1〜2回に制限を
■09月15日号センナの健康食品・下剤が止まらないなど苦情
・煮出し方で下剤成分量増加
■09月01日号キダチアロエの健康食品・医薬品並みの下剤成分含有
・当てにならない摂取目安量
■08月15日号強化ガラス食器・触れた瞬間に破裂しケガ
・洗浄時のキズには要注意
■07月15日号全自動洗濯機・爆発音とともに転倒し打撲
・防水加工の衣類は洗濯不可
■07月01日号備長炭・バーベキューでやけど事故
・着火時に爆発し失明の危険
■06月15日号押し入れ用除湿剤・長期間放置や転倒で液漏れ
・皮膚に付着しやけどの恐れ
■06月01日号ドライクリーニング・残留溶剤で化学やけど多発
・合成皮革製パンツは要注意
■05月15日号アロマろうそく・就寝中や外出時に火災多発
・床に直接置くと焦げる恐れ
■04月15日号ペットボトル飲料・破裂し腕に直撃、複雑骨折
・飲み残すと菌繁殖しガス充満
■04月01日号日焼けマシン・皮膚がんの発生リスク上昇
・18歳未満の使用禁止を勧告
■03月15日号クリップライト・熱がこもると300℃以上に発熱
・就寝中に布団燃える事故多発
■03月01日号使い終わった天ぷら油・紙や布での廃油処理に注意
・ごみ袋の中で発熱し突然出火
■02月15日号ホットカーペット・布団と併用で幼児が熱中症
・重い低温やけどで入院事例
■02月01日号電気こんろ(クッキングヒーター)・知らずにスイッチ入り火災
・いまだ使用される未改修品
■01月01日号携帯電話用ハンズフリー・危険回避の対応遅れる恐れ
・「安全に運転できる」と広告
2004年  
■12月01日号ヘアドライヤー・清掃怠ると150℃の熱風噴出
・コード断線によるやけど多発
■11月15日号ソフトコンタクトレンズ・角膜炎など障害発生150万件
・眼科医会「放置すると失明も」
■11月01日号靴用使い捨てカイロ・低温やけどで右足先を切除
・靴以外で使用すると高温に
■10月15日号基礎化粧品・多発する乳幼児の誤飲事故
・大量摂取でアルコール中毒
■10月01日号にがりダイエット・過剰摂取で心停止事故発生
・痩身効果に確実な根拠なし
■09月15日号健康食材ヒジキ・発がん性物質無機ヒ素含有
・妊婦や乳児の摂取は避けて
■09月01日号パソコン・テレビのほこり・臭素化ダイオキシンなど有害物質検出
・人体を汚染、難燃剤成分の体内濃度40倍に急増
■08月01日号ポリカーボネート食器・主原料から環境ホルモン作用
・10%の小中学校で依然使用
■07月15日号家庭用浄水器・滞留した水に一般細菌が繁殖
・朝一番は10秒程度捨て水を
■07月01日号コンビニ弁当容器・電子レンジ加熱で化学物質溶出
・長時間加熱で検出量9倍に
■06月15日号家庭用レーザー脱毛機・火傷や色素沈着の皮膚障害
・眼に当たると失明する恐れ
■06月01日号薬草ハーブ・コンフリー・肝障害の恐れ、海外で禁止
・日本でブーム、現在も流通
■05月15日号チャイルドシート・使用率5割、取り付不備7割
・未着用の致死率は4倍以上
■04月15日号精力増強健康食品・服用した男性、肝機能低下
・相次ぐ医薬品成分の検出
■04月01日号ネイルサロンのつけ爪・指10本にカビが発生し出血
・衝撃で外れると自爪を損傷
■03月15日号溶け出すカップ容器・しそ油添加すると化学反応
・底に穴、熱湯漏れ出す恐れ
■03月01日号アルカリ乾電池・ポケット内でショートし発熱
・使い方誤ると液もれの危険性
■02月15日号中身が残ったカセットボンベ・ごみ収集車、爆発し炎上
・全国で多発、作業員やけど
■02月01日号ダイエットサプリ「エフェドラ」・米国で155人死亡、被害者続出
・個人輸入で日本にも使用者
2003年  
■12月15日号炎調整ネジ式ガスライター・ガス噴出し引火、顔面火傷
・炎調整時は火の気に要注意
■12月01日号こども向け化粧品・湿疹や高熱など危害も発生
・配合成分、おとな用と同じ
■11月15日号電車内での携帯電話・待機モードでも電磁波発生
・壁に反射し重複、公衆被爆
■11月01日号スキー靴・使用中に割れてバラバラに
・経年劣化が原因、必ず点検を
■10月15日号青汁に健康阻害物質・大量の硝酸イオンが検出
・国際機関が発ガン性を調査
■10月01日号・約6%がQ熱病原体に汚染
・生は危険、黄身加熱が必要
■09月15日号ベビーカー・晴天時、路面反射で高温に
・通気性うたう製品も要注意
■09月01日号アマメシバ・ダイエット食品・肺障害発生、依然続く被害
・安全性判別、消費者は困難
■08月01日号ノートパソコン・吹き出し口から大量の化学物質
・直接吸い込むと高濃度暴露
■07月15日号電磁調理器・天ぷら調理で発火、家全焼
・鍋底1mmのくぼみで高温に
■07月01日号ゼリー状着火剤・バーベキューでやけど続発
・高い引火性、爆発で重症例
■06月15日号ゴキブリで火災!?・都内で7件発生、負傷者も
・家電に巣くい電源ショート
■06月01日号クッキングペーパー・紙コップ・身近な紙製品から有害物質
・食品に接触、しかし規制なし
■05月01日号ベビーベッド・乳児の指切断事故2件発生
・前扉の開閉には注意が必要
■04月15日号盗難防止装置・図書館員19人が頭痛やめまい
・指針値超す電磁波の影響か
■04月01日号卵・乳・小麦・そば・落花生・続発するアレルギー表示違反
・行政の検査体制に大きな遅れ
■03月15日号まつ毛パーマ・パーマ液が眼に入り、角膜炎で視力低下も
・薬事法無視したエステサロンや美容院が横行
■03月01日号瞬間接着剤・衣服に付着しやけどの恐れ
・急激に温度が上昇、124℃も
■02月15日号ヘルスセンター・温泉・ずさんな衛生管理が次々発覚
・17%の施設からレジオネラ菌が検出
■02月01日号輸入割りばし・防かび・漂白剤が相次ぎ検出
・使用中に食品に溶け出す恐れ
2002年  
■12月15日号健康食品・カバ・海外で重い肝障害、死亡例も
・販売規制も個人輸入で入手可能
■12月01日号西ナイルウイルス・米国で猛威、死者200人超す
・厳戒態勢の日本も時間の問題
■11月15日号アクリルアミド・国内の商品からも相次ぎ検出
・厚労省「過度な摂取は控えて」
■11月01日号違反添加物・チクロ・発がんの疑いがあり、使用禁止に」
・中国産加工品から相次ぎ検出」
■10月15日号アセトアミノフェン・簡単に手に入る風邪薬の成分
・アメリカで年間100人以上死亡
■10月01日号アクリルアミド・フライドポテトに発がん物質
・でん粉質を高温で調理して発生
■09月15日号味噌汁・急速な再加熱で大爆発
・豆味噌とステンレス鍋で発生
■09月01日号パソコン用モデム・TA・相次ぐ雷での故障
・保証対象外で消費者に負担
■08月01日号ダイエット用健康食品・拡大する健康被害
・手間どる原因物質の究明
■07月15日号使い捨てコンタクトレンズ・「破損事故」相次ぐ
・製造工程のオートメ化も一因?



会社概要お問い合わせ著作権・リンク
WEBニッポン消費者新聞に掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。
Copyright (C) 2004 Japan Consumer Press. All Rights Reserved.
定期的にお届け「年間購読」読みたい号だけ「1部購読」読みたい記事だけ「メール購読」