みそ汁・スープに注意、0~5歳児のやけど117件 東京都

  • 2018/1/9
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

熱いみそ汁やスープをひっくり返すなどして0~5歳児がやけどを負う事故が相次いでいるとして、東京都が注意を呼びかけている。乳児の場合、身体の表面積の10%以上のやけどで生命が危険な状況になるとされている。みそ汁一杯でも広範囲なやけどに至る恐れがあるため、都は「子どもの手の届くところに熱いものは絶対に置かないでほしい」と呼びかけている。

東京消防庁によると、2016年にみそ汁・スープによるやけどで救急搬送された0~5歳児は計117人に上り、子どものやけどの原因のトップとなっていた。また、乳児型人形を用いて、みそ汁一杯に相当する150ミリリットルのお湯(約90℃)を胸部にかける実験を行ったところ、10秒経過後も、首の下から脚部まで服を着ている部分の広い範囲で高温になることがわかった。

テーブルの上に置かれた熱い飲食物が入った容器を子どもが引き寄せ、内容物を浴びてやけどを負うケースが目立つという。

(本紙「ニッポン消費者新聞」1月1日新年特集号からの転載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 葛の葉由来イソフラボン機能性食品に課徴金
    食品を摂取するだけで誰もが内臓脂肪や皮下脂肪が減少し、外見上、腹部の痩身効果が得られるかのように表示…
  2. ボール型洗剤のいたずら動画投稿に注意喚起
    ティーンエイジャーの間でボール型洗剤(洗濯用パック型液体洗剤)を口にくわえるいたずら動画の投稿が相次…
  3. 消費者庁
    消費者庁は1月12日、消費者安全法に基づき各行政機関・自治体から通知された重大事故例を公開。その中で…
  4. 第33回「ACAP消費者問題に関する私の提言」受賞者
    ACAP(公益社団法人消費者関連専門家会議、島谷克史理事長)は1月16日、新春講演会を都内で開き、第…
  5. 消費者庁
    消費者庁はメガスポーツが運営する16都道府県・30店舗で47商品のスポーツ用品やアウトドア用品に不当…

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え…
ページ上部へ戻る