消費者権利デーのテーマ、「公正なデジタル市場の確立」に決定

  • 2017/12/11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

100か国以上の消費者団体でつくる国際消費者機構(CI、ロンドン)は、来年3月15日に実施する世界消費者権利デー(World Consumer Rights Day)のテーマを発表した。2018年のテーマは「より公正なデジタル取引市場の確立」。世界中の消費者の誰もがアクセスでき、より安全で公正なデジタル取引市場になるようキャンペーンを展開する。

世界消費者権利デーは、1962年3月15日に米国のジョン・F・ ケネディ大統領が「消費者の利益の保護に関する米国連邦議会への特別教書」を発表し、消費者の権利が初めて明確化されたことに由来する世界的な記念日。CIが設定するテーマにそって、各国の消費者団体がキャンペーンやイベントを展開する。日本でも消費者担当大臣がメッセージを出すほか、国内の消費者団体でつくる全国消費者団体連絡会が「全国消費者大会」を開催している。

デジタル取引市場の現状について、CIは「オンライン取引が消費者に多くの選択肢を与え、かつてないスケールで利便性を向上させた。その一方で、取引上のトラブルや詐欺が横行するなど深刻な問題も起きている。誰にとっても公正な取引市場にするべく、声をあげていく必要がある」と指摘した。ツイッターとフェイスブック上にキャンペーンページ(#BetterDigitalWorld)を設置し、世界消費者権利デーの最新情報を提供していくとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 葛の葉由来イソフラボン機能性食品に課徴金
    食品を摂取するだけで誰もが内臓脂肪や皮下脂肪が減少し、外見上、腹部の痩身効果が得られるかのように表示…
  2. ボール型洗剤のいたずら動画投稿に注意喚起
    ティーンエイジャーの間でボール型洗剤(洗濯用パック型液体洗剤)を口にくわえるいたずら動画の投稿が相次…
  3. 消費者庁
    消費者庁は1月12日、消費者安全法に基づき各行政機関・自治体から通知された重大事故例を公開。その中で…
  4. 第33回「ACAP消費者問題に関する私の提言」受賞者
    ACAP(公益社団法人消費者関連専門家会議、島谷克史理事長)は1月16日、新春講演会を都内で開き、第…
  5. 消費者庁
    消費者庁はメガスポーツが運営する16都道府県・30店舗で47商品のスポーツ用品やアウトドア用品に不当…

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え…
ページ上部へ戻る