レジ袋無償配布ゼロへ 東京都、具体策の検討開始

  • 2017/12/1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年をめどに「レジ袋無償配布ゼロ」を掲げる東京都は11月10日、具体的な方策を検討する意見交換会(座長・細田衛士・慶応大学経済学部教授)を立ち上げた。有識者や行政、スーパー・コンビニなどの業界団体に加え、消費者団体から日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会が参加。エコバッグ持参率の向上や有料化について議論していく。

レジ袋無償配布ゼロを検討

意見交換会で挨拶する小池都知事

都は昨年末に策定した「2020年に向けた実行プラン」に、レジ袋無償配布ゼロを盛り込んだ。レジ袋を使い捨て型ライフスタイルの象徴と位置づけ、消費者に環境配慮型のライフスタイルへの転換を図る第一歩としたい考えだ。

小池百合子都知事は「東京オリンピック・パラリンピックで使うメダルを小型家電から作るプロジェクトも進んでいる。レジ袋削減の取り組みが環境に対する意識を高めることは皆が同意するところであり、無償配布ゼロの達成に向けて、どのような方策があるのか議論してほしい」と挨拶した。フランスやイギリス、サンフランシスコ市、香港が無償配布禁止に踏み切る中、環境先進都市としての東京を国際的にアピールしたいとしている。

(この記事はニッポン消費者新聞2017年12月1日号からの転載です)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 葛の葉由来イソフラボン機能性食品に課徴金
    食品を摂取するだけで誰もが内臓脂肪や皮下脂肪が減少し、外見上、腹部の痩身効果が得られるかのように表示…
  2. ボール型洗剤のいたずら動画投稿に注意喚起
    ティーンエイジャーの間でボール型洗剤(洗濯用パック型液体洗剤)を口にくわえるいたずら動画の投稿が相次…
  3. 消費者庁
    消費者庁は1月12日、消費者安全法に基づき各行政機関・自治体から通知された重大事故例を公開。その中で…
  4. 第33回「ACAP消費者問題に関する私の提言」受賞者
    ACAP(公益社団法人消費者関連専門家会議、島谷克史理事長)は1月16日、新春講演会を都内で開き、第…
  5. 消費者庁
    消費者庁はメガスポーツが運営する16都道府県・30店舗で47商品のスポーツ用品やアウトドア用品に不当…

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え…
ページ上部へ戻る